(1) 技能検定

1.技能検定制度とは
技能検定は、働く人々の技能を職種毎に一定の基準に従って評価するもので、技能水準と技能者の地位の向上を目的として実施する国家検定制度です。
技能検定の等級区分は、職種毎に特級、1級、2級、3級に区分するもの と、等級を区分しない単一等級があります。
技能検定の実施機関は、試験問題等の作成については中央職業能力開発協会が行い、試験の実施については各都道府県の職業能力開発協会がそれぞれ行ないます。
2.受検資格
義務教育修了者であればどなたでも受検できますが、 原則として検定職種に関わる実務経験が必要です。
その期間は、学歴や職業訓練歴等により異なりますので、中央職業能力開発協会のホームページ ( http://www.javada.or.jp/ ) へアクセスし、 「技能検定のご案内」の受検資格一覧表を参照してください。
また、一定の資格や能力を持っている方については、学科又は実技試験が免除される場合がありますので、詳細については当協会の技能検定課(電話 076-432-9887)へ問い合わせてください。
3.試験の内容
(1) 試験は、検定職種ごとに学科試験及び実技試験が行なわれます。
(2) 実技試験は、原則として試験日前にその課題が公表されます。
(3) 学科試験は、全国統一実施形式で試験日が決まっています。
  中央職業能力開発協会のホームページ ( http://www.javada.or.jp/ ) を参照ください。
(4) 受検手数料は、職種によって異なります。また2級・3級を受けられる35才未満の方には実技受験手数料が減額されます。
詳しくは当協会ヘ問い合わせてください。
4.検定試験日程について
(1) 技能検定試験は、前期、後期に分けて実施され、 職種・作業によって実施時期が異なります。
(2) 今年度の実施予定日程は下記のとおりです。
区分 前 期 後 期
実施公示 平成30年3月1日(木) 平成30年9月3日(月)
申請書受付 4月4日(水)~4月17日(火) 10月1日(月)~10月12日(金)
実技試験問題公表 5月29日(火) 11月26日(月)
学科試験 7/15(日)★・8/19(日)・8/26(日)・9/2(日) 平成31年1/27(日)・2/3(日)・2/10(日)
合格発表 8月31日(金)★・9月28日(金) 平成31年3月15日(金)
★は、金属熱処理を除く3級職種のみ
合格者の受検番号は富山県のホームページ(http://www.pref.toyama.jp/)に掲載されます。
富山県技能検定実施職種 前 期 ファイルダウンロード
後 期 ファイルダウンロード

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを表示したり印刷するには、ご使用のコンピュータに「Adobe Acrobat Reader」
が必要となります。コンピューターにインストールされていない場合は、無償配布の
「Adobe Acrobat Reader」をダウンロードしてください。


5.技能検定受検申請手続きについて
(1) 受検案内及び受検申請書入手について
受検案内及び受検申請書は、もよりの商工会議所や商工会、富山市職業訓練センター、 富山県技術専門学院、ポリテクセンター富山 に置いてありますが、 郵便で当協会へ請求されるときは、受検する検定職種・級別・送付先住所・氏名を明記し、140円切手を同封して富山県職業能力開発協会(〒930-0094 富山市安住町7-18 安住町第一生命ビル2階)宛に請求してください。
(2) 受検申請書の提出
受検申請書(各級は白色、技能五輪は桃色)に記入し、 写真(横3cm×縦4cm)1枚を貼りつけ、受検手数料を添えて富山県職業能力開発協会(場所は、 このホームページの所在地地図を参照)へ提出してください。
受検申請書を郵送される場合は書留郵便とし封筒の表に「技能検定受検申請書在中」と明記してください。 受検手数料については 技能検定受検案内で確認のうえ、現金書留で郵送するか、下記の銀行口座に振り込んでください。

振込銀行北陸銀行富山駅前支店
口座名富山県職業能力開発協会 検定口座
口座番号普通預金 5050790

【留意事項】
・実技または学科試験の免除資格のある方は、その試験にかかる受検手数料は不要です。
・受検申請受付終了後の受検手数料は いかなる理由があっても返還いたしません。
・職種によっては設備等の都合により、受付期間途中で申請受付を打切ったり、
 実技試験のみを取りやめるか、他県で受検していただくこともあります。

(2) コンピュータサービス技能評価試験

1.コンピュータサービス技能評価試験とは
 教育訓練施設や事業所において、コンピュータの操作方法を学習した人々や、コンピュータを活用して各種のサービスを行う人々を対象に、その操作能力を評価する試験です。
 受験資格には特に制限はありませんので、どなたでも受験することができます。
2.試験実施要領
試験の概要
※中央職業能力開発協会のホームページ http://www.javada.or.jp/ を参照下さい。
試験実施部門
 1.ワープロ部門(1級・2級・3級)
 2.表計算部門(1級・2級・3級)
 3.データベース部門(1級・2級・3級)
平成30年度試験実施日程
項 目 前   期 後   期
申請受付 本年度実施の予定はありません  ------
試験日  ------
合格発表  ------
受験手数料(ワープロ部門・表計算部門 データベース部門とも同額)
等級 1級 2級 3級
受験手数料7,820円6,580円5,250円